痒みのないカンジダってあり得るの?

痒みのないカンジダってあり得るの?

カンジダ腟炎に感染すると股間に痒みが生じて、歩くのも座っているのも辛いと感じてしまうのが症状の一つです。
しかし人によっては痒みを感じる事もなければ、臭いなども発生しないまま症状が悪化していき、おりものの変化で症状に気付く事になる場合もあります。
自覚症状が無いまま病状が悪化していく可能性もありますから、痒みが無いからといってカンジダ腟炎ではないと考えてしまうのは危険です。

おりものは通常であれば薄く濁った白色や無色透明になる事が多いですが、カンジダ腟炎を発症すると白色や薄い黄色などに変色をしてしまいます。
外陰部などに違和感を覚えない状態であったとしても、おりものの色合いが変化しているようであれば、カンジダ腟炎を発症している可能性を疑ってください。
おりものが濃い黄色をしていたり、黄緑色に変色しているようであれば他の性感染症を発症している場合もあります。

カンジダ腟炎に感染している状態であっても初期症状のうちは、おりものの臭いが変化する事は少ないです。
おりものから異臭がするようであれば、すでに症状が進行している可能性を歌わなければいけません。
排卵日が近づいてくると臭いが発生する場合もあるので、臭いがするからといって必ず病気を発症しているわけではないです。
チーズのような臭いがしていたり、刺激臭がするようであれば一度は検査を受けておく事を推奨します。

性行為が未経験の処女であったとしても、カンジダ腟炎を発症する可能性はあるので注意が必要です。
カンジダ菌はカビの一種とされており、性行為だけが菌類に感染の原因になるとは限りません。
すでに菌が体内に入り込んでいるけれど、免疫機能が正常に働いているので病気を発症していない人も大勢います。
体調不良やホルモンバランスの崩れによって、いつカンジダ腟炎が発症する事になるか分かりません。
おりものの臭いなどは普段からチェックして、痒みなどが発生する前に異常に気付く事が重要です。

性行為未経験でもカンジダになる理由とは?

また、カンジダ膣炎は性行為が未経験の人でもかかることがあります。
カンジダ菌は性器周辺や体表にいる常在菌で、健康な人の体にも存在しており、免疫により増殖を抑えています。
この菌自体は体に悪影響を与えるものではありませんが、体調の変化などによって異常繁殖し病気を引き起こします。

体調不良やストレスで免疫力が低下し、抵抗力が落ちると体内の常在菌が異常繁殖することがあります。
ステロイド剤の使用も免疫力を下げる原因の一つです。
風邪などにかかり、抗生物質を飲むことによって、善玉菌などの細菌を殺してしまうことがあり、体内の菌のバランスがくずれて、真菌のカンジダ菌が異常繁殖する場合もあります。

妊娠中、生理の前後、ピルを使用しているときなどホルモンバランスの変化も菌の異常繁殖を招くことがあります。
女性の膣内は通常酸性の粘液で保護されています。
それにより常在菌の増殖を抑えていますが、ホルモンバランスが変化してしまうと酸性の粘液の自浄作用が弱まり、常在菌であるカンジダ菌が異常繁殖する場合があるので注意が必要です。

また、細菌は湿っぽく温かい環境を好みます。
ガードルなどの締め付けが強い下着や通気性の悪い素材の服を着用することによって陰部が湿っぽく適度に暖かい環境になり、菌の格好の繁殖の場となってしまうことも少なくありません。

カンジダは性交渉でもうつることはありますが、原因はそのほかにも多く潜んでいます。
性交渉は未経験でも十分に感染してしまう可能性があります。
処女だから大丈夫と思わず、菌を異常繁殖させないように普段の生活から心がけることが大切です。
カッテージチーズのようなおりもの、性器の痒みなどの異常が現れたら、早めに病院に行って検査をしてもらうようにしましょう。