バルトレックスのヘルペスに対する効果と治療期間

バルトレックスのヘルペスに対する効果と治療期間

バルトレックスは、アシクロビルにアミノ酸の一バリンをエステル結合させたプロドラッグのバラシクロビルを主成分とするDNAポリメラーゼ阻害薬です
安全性と医薬効果が高い事から第一選択薬として処方している医療機関が数多くあります。
バルトレックスは、主成分のバラシクロビルが肝臓でエステラーゼと呼ばれる酵素の作用によりアシクロビルとバリンに分解され、更にアシクロビルがヘルペスウイルスと感染細胞由来の酵素によってアシクロビル3リン酸に活性代謝される事で医薬効果を発揮します。
アシクロビル3リン酸は、ヘルペスウイルスの核酸基質の1つであるデオキシグアノシン3リン酸と分子骨格が非常に似ている事からヘルペスウイルスの増殖時にデオキグアノシン3リン酸と置換結合し、置換結合した事により正常なDNA鎖の伸長や複製を阻害します。
バルトレックスは、性器ヘルペスや口唇ヘルペスの治療時にはバラシクロビル換算で500mgを1日2回服用し、基本的に治療期間は5日間~10日間です。

ヘルペスウイルスは、患者の感染細胞を糧にして増殖を行うだけで無く感染細胞をウイルス全体を覆う外膜であるエンベロープとする事から患者の細胞と親和性が非常に高い特徴があります。
自己免疫システムや医薬効果が高い時には親和性の高さを生かして神経節の奥の神経細胞内に潜伏感染してしまいます。
現在の医薬品では、体内のヘルペスウイルスを完全に死滅させる事が出来ず一度感染すると一生涯ウイルスキャリアになりますが、バルトレックスは神経節の奥で潜伏感染しているヘルペスウイルスに対しても効果がある事から再発抑制治療に用いられています。
再発抑制治療は、バラシクロビル換算で500mgを1日1回の服用しますが、治療期間は8週間~最大1年間とされています。
再発抑制治療は、1年の再発回数が6回以下の患者は自由診療となる事から、バルトレックスを通販で購入する患者も多くいます。

バルトレックスを通販するなら安さより安全なサイトを

バルトレックスは非常に効果の高いヘルペス治療薬なので頼りにしている人も多いのですが、薬価が非常に高いのが難点です。
1錠あたり約500円という高さなので、保険が適用できない場合はかなりの負担になってしまいます。
保険が適用できるのは1ヶ月に5日分までと決められているため、何度も再発を繰り返してしまう人は5日分を飲み尽くしてしまえば残りの期間を我慢するか、高いお金を払ってバルトレックスを購入するしかありません。

毎日のようにバルトレックスを服用しなければならない人の場合、自己負担でバルトレックスを買い続けるのは非常に難しいでしょう。
このため、最近では安価な海外製のバルトレックスを個人輸入して利用する人も増えています。
実際には医薬品の通販サイトに仲介してもらって海外からバルトレックスを取り寄せるのですが、安全性においては問題もあるので注意が必要です。

病院処方のバルトレックスとは違い、通販のバルトレックスは厚生労働省のチェックや安全管理を受けていません。
粗悪な偽物を本物と偽って販売している悪質な通販サイトも多く、運悪くそういったサイトを利用してしまえば健康被害を受けるリスクもあります。

せっかくヘルペスを治療しようとしてバストレックスを購入したのに、身体に害を及ぼしてしまっては元も子もありません。
このような目に合わないためにも、通販サイトを利用する際にはサイトの見極めが何より重要となります。

悪質なサイトは、異常に安い価格で集客しようとすることが多いです。
バルトレックスの通販だと、500mg42錠入りで約4,000円から5,000円前後が相場となっています。
まとめ買いをするともっと割安になることもありますが、これと比べて明らかに安すぎる場合は利用しない方が安心です。